かぶらないのは無理なんじゃ…?

最近暇さえあればオリジナリティのある物語ってなんなのかを考えるるだが、たいていのお話は使い尽くされていて、斬新でみたことがない、アイデアの勝利!ってお話をひりだすのはかなりムズい。思い浮かぶか浮かばないかの世界だし、勉強してれば辿り着けるものでもないだろう。それこそ他の映画や小説をみればみるほど、独創性は死んでいきつつあるように思える。いい話だなあ!と思っても、じゃあ、何か自分にいい話が思い浮かぶかっていうと、全然だ。逆にパクるのがうまくなるだけかも、、うまくパクって「これはオマージュなのさ」と嘯くのが関の山なんじゃ、、、

完全に今壁にぶち当たっとる。また、肝心のアイデアの部分をおざなりにすると、見切り発車であとから苦労するのは目に見えてるのだ。