久しぶり

色々下ごしらえをして、ようやく五作目の長編を書き始めました。すげえ久々に一人称で書こうと思っとります。一般的には、三人称視点のほうが難しいと言われとります。一人称も三人称も一長一短ですが、情景描写が細密にびっちり書き込める三人称の方がアタチはすきです。一人称はどうしても心理描写ばかり、てめえの内面になんか、なんの興味もねえんだ!バーカ!と唾ばかり吐いてばかりいるアタチは、どうにもこうにも一人称が苦手です。でも、一人称は書きやすいし読みやすいことが多い、言われとります。だからなんなの、と言われたらアレなんだが、今回は一人称です。頭のおかしいスラブの悪ガキが、シベリア沿海州を独り言ブツブツ言いながら放浪しつつ赤軍パルチザンと日本軍の間でうんこばかりする話です。

年内に書き上げたい。量はだいたい原稿300枚。万難を排して目標を達成すべし。