甘え

若い頃に比べて格段に感情のコントロールができるようになってきた。

冷静に考えても頭のおかしい奴や、性格の悪い奴が相変わらずたくさんいるんだが、まったくと言っていいほどムカつかない。しょうがないね、、、と微笑むだけだ。全然腹立たない。

なんでなのかと考察してみたら、たぶんだけど、おれはほんっとうにまったく他人に期待をしなくなったのだ。何にも何にもな~~~んにもこれっぱかしも期待していない。その結果、最初から何も期待してないし諦めているので予想を裏切られることがなく、まったくムカつかないのだ。ある意味厭世観の極致ともいえるが、人にはまったく怒らないキリストや仏のような温厚なキャラクターと思われている。それにマウントして居丈高に振る舞う人もいるが、それも普通に想定内なので全然ムカつかない。ペコペコして口答えせず、すぐスイマセンスイマセンと謝っていればいいのだ。これで話はすぐ終わる。「でも!」とか「だって!」とか言ってると永遠に話は終わらないし、相手だってどうせ譲る気なんかないのだから禍根を残すことになる。

何にも口答えせずスイマセンと頭を下げればよい。そうしていれば勝手に周囲は温厚で人の好いキャラだと勘違いしてくれる。

人に期待をするってのは、人に甘えてるってことなのだ。甘えがあるから予想を裏切られるとムカついてしまうのだ。甘えを捨てれば怒りも抑えられる。坊さんみたいだな。

最近は落ち込むことはあってもムカつくことはほとんどない。丸くなったもんだ。